妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

妊活の効果を高めるには、血行不良を改善させることが大事です。

 

 

不妊の原因とされる冷え性や低体温ですが、それらは根本的には血行不良によるものなのです。

 

 

妊活中の女性にとって体温を上げ、血行をよくするすることが子宮の働きを高めることになり、不妊の原因を解消することにもつながります。

 

 

では、妊活サプリのマカナで、低体温を改善することは出来るのでしょうか?

 

 

◆そもそも低体温とはどんなこと?

 

 

理想的な平熱は36.5〜37.1℃と言われていますので、平熱が36℃未満であれば低体温と考えられます。

 

 

平熱が35℃台だという人なら、妊活のためにもまた免疫力アップのためにも、体温を上げていく必要があります。

 

 

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

◆低体温と冷え性は違う

 

 

冷え性と低体温は似ているので、同じように考えられがちですが、実は違うんですね。

 

 

冷え性とは、熱を運ぶ力が弱まっており、手足などが冷えている状態ですが、身体の中心の温度は正常な場合です。

 

 

一方、低体温とは体温が36℃未満の状態のことで、身体の中心の温度が低い状態のことです。

 

 

例えば、手足が冷たくても体温が36℃台であった場合は、冷え性ではありますが低体温ではありません。

 

 

低体温だと免疫力や抵抗力が落ちる、月経痛や月経不順を引き起こすなどにも繋がりますから、妊活には支障が出ますね。

 

 

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

◆低体温を改善するには?

 

 

低体温になる原因としては、運動不足で筋肉量が低下していることが考えられます。

 

 

筋肉は熱を生み出す働きがありますから、筋肉量が少ないと体温が下がるのです。

 

 

そのため運動することが大切です。

 

 

目安は、1日30分以上の運動を週2〜3回以上、ハードな運動ではなく無理せずできる運動を続けると良いでしょう。

 

 

また、きちんとした食事を心掛けることも大切です。

 

 

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

◆低体温の改善に大切な栄養素

 

 

・タンパク質

 

3大栄養素の1つで、体重の約5分の1を占めている成分です。

 

血液や筋肉などを作る上で主要な成分で、マカナは1日4粒で0.2g含有と少なめですが、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に含まれていますので普段の食事で補えます。

 

 

・ビタミンB1

 

代謝を促進し、体内で熱を生み出します。

 

一日の推奨量は、女性では18〜49歳で1.1mgですが、マカナ4粒で2.9mgと多めに摂れます。

 

 

・ビタミンE

 

血管を拡張して血液の流れを良くする働きがあり、マカナ4粒に22.9mg含まれています。

 

ビタミンEの摂取の目安は、18歳以上の女性で6.0rですから多めに配合されています。

 

 

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

◆マカナの体を温める成分

 

 

低体温を改善するには、にんにく、ねぎ、しょうが、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎ、大根、などが効果的です。

 

 

マカナには22種類の野菜成分が配合され、この中ではにんじん、大根の葉、また金時しょうがも入っていて、体を温めます。

 

 

金時しょうがには、しょうが特有の身体を活性化する成分(ジンゲロール)が一般のしょうがの約4倍も入っています。

 

 

マカナの成分マカには、血行促進の作用がありますし、女性ホルモンのバランスを整えることから、不妊症の改善効果も期待できるのです。

 

 

妊活効果アップ!マカナで低体温の改善ができる?

 

 

◆まとめ

 

 

マカナには、このように低体温を改善する成分も含まれています。

 

 

基礎体温を上げて、有効な妊活に取り組みたいものですね。

 

 

マカナについてはレビューを見るともっと詳しく分かりますよ。↓

 

 

 

【本気で調査!】妊活サプリ・マカナ(makana)のレビュー