知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

 

 

妊活サプリメントのマカナには、デメリットやリスクはあるのでしょうか?

 

 

欠点と言えるのはどんなところでしょうか?

 

 

◆マカナのデメリット(欠点)

 

 

・即効性がない

 

 

マカナは薬ではなくサプリメントなので、その性質上即効性はありません。

 

 

そのため継続することで次第に効果を発揮するものですから、個人差はありるものの、1か月や2か月でやめてしまっては効果は出ません。

 

 

焦らず気長に続けなければいけませんね。

 

 

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

 

 

・値段が高い

 

 

マカナの口コミを見ると、値段が高いというものがあります。

 

 

確かに妊活サプリの中では、少々高めかもしれませんね。

 

 

けれども、マカナには妊活にとって必要なマカと葉酸がダブルで入っています。

 

 

その上、スーパーフードの王様と呼ばれるスピルリナや、体を温める金時ショウガ、妊活に良くないイライラを解消してくれるGABA、DHA・EPA、ルイボスティー、野菜が22種類など、50種類以上もの栄養成分が配合されています。

 

 

このように妊活をサポートする成分がたくさん入っていますので、ほかのサプリメントと併用する必要がなく、そういう意味でむしろ経済的だと言えるかもしれませんね。

 

 

また不妊の原因は男性側にあることも多いので、夫婦で飲めるマカナは男性の活力ともなりますから、妊活効果がアップする期待が持てます。

 

 

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

 

 

・体質に合わない人もいる

 

 

マカはアブラナ科の植物なので、それにアレルギーがある人は摂取しない方がいいようです。

 

 

また、マカは男性ホルモンにより強く作用する性質があるため、女性の中に少量ある男性ホルモンが活性化して、ホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

 

 

そこで、男性ホルモンが多い女性(男っぽい雰囲気の女性)は摂取を避けた方が良さそうですし、ほかには、子宮筋腫のある人も同じです。

 

 

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

 

 

◆マカナでリスクを軽減

 

 

高齢出産になる可能性がある人は、そのリスクを少しでも軽減するため、妊娠前から妊娠初期にかけては葉酸を多く摂取するよう心掛けましょう。

 

 

もちろん高齢でない人も、妊活中は葉酸の摂取が大切です。

 

 

厚生労働省では、妊娠している人や妊娠を計画している人には、神経管閉鎖障害になる可能性を低減するため、1日あたり葉酸を400μg摂取することを推奨しています。

 

 

マカナは1日4粒が目安となっていて、これで400μgが摂れます。

 

 

知っておきたい!マカナのデメリットやリスク・欠点は?

 

 

◆まとめ

 

 

継続することで効果を発揮するマカナは、続けやすいように定期コースを設けています。

 

 

定期コースなら月に一度定期的に届き、初回のお値段が定価の40%OFF、2回目以降は定価の10%OFFで購入できるので、続けやすい上に大変お得です。

 

 

マカナについて詳しく知りたい人は、レビューを見てくださいね。