どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

 

 

妊活サプリマカナには、マカが配合されています。

 

 

マカは活力増強、集中力の向上、ストレス軽減、更年期障害の軽減、精力回復、不妊症の改善などに働きます。

 

 

つまり内分泌腺の活動をさかんにするわけですが、これはマカに含まれるアルカロイド、ステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンなどの成分が、内分泌腺の活動を活発化するためと考えられています。

 

 

そのため免疫力を向上させるので、がん予防も期待されます。

 

 

しかし、バセドウ病の人がマカナを飲むのはどうなのでしょうか?

 

 

どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

 

 

◆ バセドウ病とマカナの関係

 

 

バセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気で、すなわち甲状腺機能亢進症を起こす、女性に多い病気です。

 

 

甲状腺はのど仏の下のあたりにある臓器で、蝶が羽を広げたような形をしています。

 

 

新陳代謝を促進するためのホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌する臓器なのですが、そこに内分泌腺の活動をさかんにするマカを与えてしまうと、新陳代謝が促進されすぎて身体は消耗傾向になってしまいます。

 

 

そのため甲状腺ホルモンが過剰なバセドウ病に人にとっては、マカナは摂取しない方がいいようです。

 

 

◆葉酸とマカナの関係

 

 

マカには葉酸も配合されていますが、これは甲状腺疾患に悪影響を及ぼすヨウ素とは違います。

 

 

どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

 

 

ヨウ素は海藻に豊富に含まれるミネラルで、おもにコンブ、ワカメなどの海藻類に多く含まれているもので、日本は海に囲まれ日常的に昆布を使っただしや海産物を多く食べる習慣があるため、ヨウ素不足が問題となることはありません。

 

 

むしろ、ヨウ素を含んだ食品の摂り過ぎで、甲状腺の機能に障害が出るなどの例が報告されているほどです。

 

 

マカナには、このヨウ素は含まれていません。

 

 

マカに配合されているのは葉酸で、葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。

 

 

ほうれん草や枝豆、めキャベツ、モロヘイヤ、アスパラガス、ブロッコリー、パセリなど緑色の野菜に多く含まれています。

 

 

葉酸は、細胞分裂をするときの「核」となるDNAをつくりだすときに必要な栄養素です。

 

 

厚生労働省は2000年に、妊娠初期にはサプリメントから400μgの葉酸を摂取するように呼びかけ、今では母子手帳にも葉酸の必要性が載っています。

 

 

妊娠が判明するのは早くても妊娠4〜6週目くらいなので、それ以前から葉酸を積極的に摂っておく必要がありますね。

 

 

どうなの?マカナはバセドウ病の人が飲んでもいい?

 

 

◆まとめ

 

 

これらのことから考えて、葉酸はバセドウ病の人が妊活する上で積極的に摂りたい栄養分ですが、マカが入っているマカナはバセドウ病の人には向かないと思われます。

 

 

どうしてもマカナが気になる場合には、かかりつけの医師に相談してみましょう。

 

 

下記にはマカナのレビューがありますので、詳しく知りたい人は見てくださいね。

 

 

 

妊活サプリ・マカナ(makana)のレビュー