注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

 

 

マカナは厚生労働省の基準をクリアした栄養機能食品です。

 

 

厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型葉酸が400μgと、マカも配合され、50種類以上もの栄養成分が詰まったオールインワンサプリですから、妊活には大変効果的です。

 

 

1日の摂取量の目安は4粒となっています。

 

 

しかしこれを越えて摂り過ぎた場合、つまり過剰摂取をするとどうなるのでしょうか?

 

 

・葉酸の場合について

 

 

葉酸の働きは、細胞分裂の際の遺伝子の複製をサポートすることです。

 

 

もしも葉酸が不足すると、遺伝子の複製に問題が起きる可能性が高くなってしまいます。

 

 

胎児の細胞分裂に影響を与え、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われていて、先天的な障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。

 

 

特に妊娠1ヶ月前〜妊娠後3ヶ月までは、胎児の先天的障害の発生を防ぐために、葉酸を1日400μgサプリメントで摂ることが望ましいと、厚生労働省では葉酸の摂取を推奨しています。

 

 

注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

 

 

その理由は、食事だけでは十分な葉酸を摂取することが難しいからです。

 

 

このように葉酸が母体にも胎児にも必要なわけですが、葉酸の上限量は1日あたり1000μgです。

 

 

葉酸がいくら体に必要だからといっても、過剰摂取になってしまってはよくありません。

 

 

摂りすぎて1日1000μg以上の過剰摂取になると、不眠症・食欲不振・吐き気・むくみ・アレルギーなどの症状が表れることがあるといわれています。

 

 

元々葉酸は、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンなので、摂り過ぎてしまったはものは尿として体外に排出されます。

 

 

そのため、体外への排出が追いつかないほどの量の葉酸を摂り続けさえしなければ、体内に残留し続けて身体に悪影響を与えるということはありません。

 

 

しかしお腹の中に赤ちゃんがいるときは、小さなことにも影響を受けやすい時期なので、過剰摂取には注意しましょう。

 

 

注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

 

 

・マカの場合について

 

 

マカは野菜ですから、摂取量については明確なルールは定められていませんが、マカをサプリで摂取する際は、定められた用量をしっかり守ることが大切です。

 

 

理想的な摂取量は、1日で1,500〜4,000mgとされています。

 

 

これを越えて過剰摂取すると、ホルモンのバランスを崩してしまうことがあり、腹痛、めまい、吐き気を起こすことがあります。

 

 

マカナは1日の規定量が4粒ですから、過剰摂取になる心配はありませんが、ほかにもマカサプリを併用して飲んでいる場合は注意が必要です。

 

 

注意!マカナの取り過ぎ・過剰摂取は危険?

 

 

・その他

 

 

マカナは、妊活専門の管理栄養士が必要な成分を細部に至るまで細かく計算し、結果を最も重視して配合してあります。

 

 

葉酸やマカのほかにもたくさんの栄養成分が配合されていますが、過剰摂取したからといって効果が増すものではありませんので、用量を守って摂取することが結果として効果につながります。

 

 

マカナのその他の成分についてなど、詳しいことは下記にあるレビューを見てくださいね。

 

 

 

【本気で調査!】妊活サプリ・マカナ(makana)のレビュー