【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

 

 

受精卵のグレードの良し悪しというのがあって、グレードがよければよいほど、着床する確率も、その後スムーズに育つ確率もアップするそうです。

 

 

ある不妊治療をしたことがある人によると、一番グレードの高い受精卵ができたのは、マカナ(makana)を取り入れた後だったそうです。

 

 

妊活サプリというのは飲んですぐに変わるものではないし、見た目にも分からないので、ついつい「こんなので本当に効果があるのだろうか?」と疑ってしまいますよね。

 

 

卵子にも、母体を通して質の高い栄養が必要です。

 

 

妊活サプリには葉酸だけのものが多い中、マカナは葉酸が厚生労働省の推奨する400μg配合されているうえに、妊活にも効果があると注目されているマカも配合されています。

 

 

両方とも入っている妊活サプリって、マカナくらいではないでしょうか?

 

 

【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

 

 

◆着床時期

 

 

妊娠というのは受精した時点ではなく、着床が完了してはじめて成立したことになります。

 

 

受精は卵管の中でしますが、そのあと受精卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮にたどりつきます。

 

 

さらに受精卵は子宮内膜にくっついて根を張る準備をし、受精卵の発生から12日頃で着床が完了、つまり妊娠がやっと成立するというわけです。

 

 

夫婦生活を行ってから約2週間弱の期間が、いわゆる着床時期ということになりますね。

 

 

しかし、排卵のタイミングにあわせて夫婦生活を行っているのに、なかなか妊娠しないという人もいるのではないでしょうか。

 

 

そんな場合、受精はしているものの、受精卵が子宮内膜に着床できない着床障害が起こっている可能性も考えられます。

 

 

その原因には、次のようなものがあります。

 

 

【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

 

 

◆着床障害の原因について

 

 

・子宮筋腫やポリープ

 

子宮の内側に向かって子宮筋腫が突き出ていたり、子宮内膜にポリープができていたりすると、大きさや場所によっては受精卵の着床の邪魔になってしまい、妊娠しにくくなります。

 

 

・子宮奇形

 

先天的に子宮に奇形がある場合、着床しにくくなることがあります。

 

ただし、子宮奇形でも問題なく妊娠できる女性もいます。

 

 

・子宮内膜が薄い

 

受精卵が着床するためには、子宮内膜に十分な厚さがあることが必要です。

 

しかし、排卵誘発剤を長期間服用することによって子宮内膜が薄くなっていると、妊娠しづらくなることがあります。

 

 

・ホルモン分泌に問題がある

 

受精卵が着床しやすいように、子宮内膜をフカフカで厚い状態に維持しているのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの作用です。

 

しかし、黄体ホルモンを分泌する卵巣内の黄体という組織がうまく機能しないと、黄体機能不全に陥り、受精が起こっても妊娠が成立しない、もしくは妊娠が継続できなくなってしまいます。

 

黄体機能不全の原因は不明なことも多いのですが、不妊治療のホルモン剤の影響も考えられます。

 

 

【本当かな?】マカナで着床する確率が上がる!?

 

 

◆まとめ

 

 

受精卵を着床しやすくするためには、適度な運動(ウォーキングやヨガなど軽めのもの)や、栄養バランスの良い食事を摂るのも一つの方法です。

 

 

着床率を飛躍的に上げてくれる食材というものがあるわけではありませんが、ホルモンバランスを整えるという意味でも、栄養バランスのとれた食生活をすることが大切です。

 

 

厚生労働省が推奨しているのは葉酸の摂取で、妊娠前から食事やサプリなどで葉酸を摂取しておくと、胎児が病気になるリスクを下げることにつながります。

 

 

マカナは1日に4粒の規定量で、必要な400μgの葉酸が摂取できます。

 

 

ほかにも50種類以上の栄養成分が配合されていますから、妊活ライフに意味のあるサプリだと不妊クリニックの産婦人科医も推奨しています。

 

 

赤ちゃんが欲しいご夫婦なら、二人で一緒に飲むことも出来ますよ。

 

 

マカナについてもっと詳しく知りたい人は、レビューを見てくださいね。

 

 

 

妊活サプリ・マカナ(makana)のレビュー