【ホントならすごい!】マカナでがん予防ができる?

【ホントならすごい!】マカナでがん予防ができる?

【ホントならすごい!】マカナでがん予防ができる?

 

 

ここでは、マカナががん予防に役立つのかどうかを見ていきましょう。

 

 

◆マカナとがん予防

 

 

マカナには葉酸が配合されています。

 

 

胎児の成長、細胞分裂に欠かせない栄養素として知られているのが葉酸ですね。

 

 

細胞分裂は胎児の時に激しく繰り返されるのですが、大人のわたしたちも毎日細胞分裂を繰り返して生きているわけです。

 

 

ということは、胎児の細胞分裂の際に遺伝情報がミスコピーされてしまうのを防ぐために必要と言われている葉酸は、大人になっても細胞分裂の際にミスコピーを防ぐために必要ということになりますね。

 

 

このことから葉酸を摂取することで、この細胞の遺伝情報ミスコピーを防ぐことができるというわけです。

 

 

葉酸が不足すると、ミスコピーされた細胞ががん化していまう可能性があると言われています。

 

 

ある研究によると、葉酸不足の女性は子宮頸がんのリスクが高いことが分かっています。

 

 

ほかにも、葉酸は肺がんや直腸がん、卵巣がん、結腸癌、咽頭がんを予防できるメリットがあるとも言われています。

 

 

葉酸が癌の予防に効果があるのは確かなのです。

 

 

【ホントならすごい!】マカナでがん予防ができる?

 

 

◆葉酸の過剰摂取

 

 

しかし他の研究結果によると少数意見ではありますが、すでにがん患者の葉酸の過剰摂取は、癌の進行を早めてしまう危険があることも論点になっているようです。

 

 

葉酸は、必要摂取量の上限を超えての取り過ぎはリスクがありますが、適切な量を摂取していれば安全なのは間違いないようです。

 

 

1日の上限は1000μg(1mg)で、野菜から摂る場合は調理によって約50%が失われると言われています。

 

 

そのため茹でたほうれん草3分の1束(100g)には葉酸が110μg、茹でたブロッコリー3分の1株(100g)には葉酸が120μgというように、食品から摂取する分には過剰になることはまずないでしょう。

 

 

サプリメントから摂取する場合は決められた量を守り、過剰摂取にならないように気を付けなくてはいけません。

 

 

厚生労働省によると、妊婦さんの葉酸摂取の推奨量は400μg(マイクログラム)ですが、マカナはそれが1日の既定摂取量の4粒で補えます。

 

 

妊娠中、またはその予定がない成人の場合は、葉酸摂取の推奨量は0.24mg(240μg)ですから、この数値を目安にすれば、癌の発生リスクに関して特に心配する必要はありません。

 

 

【ホントならすごい!】マカナでがん予防ができる?

 

 

◆まとめ

 

 

マカナに配合されている葉酸により、がん予防に効果的なことが分かりましたね。

 

 

ほかにもマカナに配合されているマカですが、マカはがん予防に効果があることはすでに広く知られています。

 

 

スピルリナにはガンを予防する効果に加えて、癌の発生、転移を抑制する効果があると、あらゆる実験結果から明らかになっています。

 

 

DHAやEPAなどのオメガ3系列の脂肪酸は、がんを発症してからのがん細胞の増殖や転移、あるいは再発も防止してくれるといいます。

 

 

ルイボスティーには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドという物質が含まれており、強力な抗酸化作用を発揮します。

 

 

さらに、体内にある抗酸化力を持ったSODという酵素を活性化する働きもあり、相乗的な効果で活性酸素の除去に働きます。

 

 

この抗酸化作用は、ガン予防に効果があります。

 

 

これらが管理栄養士による細かく計算された配合で詰まっているマカナは、妊活だけではなく、がん予防にも良いと言えるでしょう。

 

 

マカナについて詳しくは、下記のレビューを見てくださいね。

 

 

 

妊活サプリ・マカナ(makana)のレビュー