詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

 

 

妊活中の女性から支持率NO.1のマカナ(makana)サプリは、リニューアルして、これまでの健康食品から栄養機能食品にグレードアップしました。

 

 

妊活に欠かせないマカと葉酸のほかにも、たくさんの栄養素が配合されていますので、健康維持や男性の元気にも役立ちます。

 

 

マカナはなぜそれほど人気があり、支持されているのでしょうか?

 

 

その理由を、成分表や原材料から探っていきましょう。

 

 

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

 

 

◆マカナ(makana)の成分表

 

 

商品を包装しているパッケージの裏に記入してある成分表によると、

 

 

マカ粉末(国産)、乾燥野菜粉末、亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵母、ビタミンE含有植物油、金時ショウガ末、ルイボス茶エキス、スピルリナ、GABA、

 

マグネシウム含有酵母、DHA含有精魚油、パントテン酸、銅、葉酸などのたくさんの成分が載っています。

 

 

◆マカナの原材料

 

 

・マカ

 

主成分となるのはマカです。

 

マカは妊活の王様とも言われているほど大切な働きをしています。

 

マカの原産国はペルーですが、日本でも栽培されるようになりました。

 

妊活する上でとても大切な働きをするアミノ酸の含有量は、国産マカの方が圧倒的に多いのです。

 

必須アミノ酸は体の中では合成できないので、食品やサプリメントで摂取しなければならないのですが、国産マカにはこの必須アミノ酸がペルー産のものよりもたくさん含まれています。

 

マカナには原材料として、この国産マカが100%使用されていて、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれます。

 

また、ホルモンバランスが整うことで自律神経の乱れが整い、冷え性の改善や不眠症の改善、精神が安定します。

 

マカは男性にも効果的で、含有されている亜鉛やアルギニンが男性ホルモンをサポートしますので、良質な精子が作られます。

 

 

 

 

・葉酸

 

葉酸は、妊活中の女性にとって大切なものです。

 

妊娠した場合、妊娠初期に赤ちゃんの神経管閉鎖障害を起こすリスクを低減するために、400μg/日のモノグルタミン酸の摂取が必要だと厚生労働省は言っています。

 

そのため、妊娠が判る以前から摂っておかなくてはいけません。

 

マカナは1日規定量の4粒摂取すれば、モノグルタミン酸型葉酸を400μg摂ることができますので、妊活中は毎日欠かさず継続して飲むようにしましょう。

 

 

◆マカナの成分と効能

 

 

マカナには、マカと葉酸以外にも次のような成分が配合されています。

 

 

スピルリナ・・・熱帯地方の湖に多く生息する藻の一種で、必須アミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富に含まれていて、消化吸収に優れています。

 

身体を作るたんぱく質、それを代謝するためのビタミンなど、妊娠初期に必要とされる栄養が多く含まれています。

 

健康な受胎能や、妊娠をサポートするのに優れています。

 

 

金時しょうが・・・ジンゲロールという辛み成分成分が、普通のしょうがの約4倍も多く含まれていますので、冷えを改善し身体を温め活性化させてくれます。

 

ジンゲロールは血の巡りを良くし、身体のコリをほぐす効果もあります。

 

ガラノラクトンという成分は血の巡りを良くして、身体のコリをほぐす作用があります。

 

妊活のためには、身体が冷えている状態は良くありませんし、なかなか妊娠する事が出来ないという不妊の原因にも繋がりかねません。

 

 

GABA・・・チョコレートやココアの原料、カカオに含まれるアミノ酸の一種で、安眠効果が期待できます。

 

興奮や神経の高ぶりを抑えて緊張状態を緩和して、ストレスを軽減する働きがあるので、癒し効果が高いといわれています。

 

 

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

 

 

DHA・EPA・・・青魚の油に豊富に含まれている、脂肪酸の一種となる成分ですが、現代人には不足していると言われています。

 

必須脂肪酸に分類されるもので、体内で作ることが出来ないので、常に食品やサプリメントから補給する必要があります。

 

DHAやEPAを含むオメガ3系の脂肪酸は、卵子や精子の質を高める以外にも、ホルモンバランスを整える働きがあることから、不妊症にとって有益です。

 

オメガ3系脂肪酸が材料となりホルモンが作られることで、ホルモンの分泌量は安定し、ホルモンバランスも整ってきます。

 

 

ルイボスティー・・・アンチエイジングや美肌、便秘解消、ダイエット効果などがあり、ノンカフェインで副作用もありませんから、お腹の赤ちゃんに負担をかけることはありません。

 

卵子の質の向上や、受精した卵子が着床する子宮内膜が、ふかふかになるとも言われています。

 

亜鉛やカルシウム、鉄、マグネシウム、銅、カリウムなど多くのミネラルが含まれています。

 

ミネラル、ポリフェノールなどの成分は、卵子の質を上げる効果を持っています。

 

またミネラルは、体の新陳代謝や健康な肌、強い歯や骨、健全な神経システムを維持する力があります。

 

排卵周期を安定させてくれる働きもあるので、ルイボスティーを飲むことで妊娠しやすい身体に近づけます。

 

 

・・・鉄が不足すると子宮内膜が厚くならず、受精卵が着床しにくくなってしまいます。

 

胎盤が形成される際にたくさんの鉄分が必要になりますが、不足すると胎児に酸素や栄養を運ぶ赤血球が少なくなるので、十分な栄養が行き渡らない危険性があります。

 

 

亜鉛・・・受精卵は着床してから細胞分裂を繰り返して成長していきますが、その細胞分裂を促すのに必要なのが亜鉛です。

 

この時期に亜鉛が量が少ないと胎児が正常に成長でず、発育不全になる恐れがあります。

 

女性にとっては卵子の老化を予防し、質のいい卵子を作ってくれますし、男性には性機能に働きかけて男性ホルモンの合成を促進してくれます。

 

男性の体内で亜鉛の濃度が濃くなると精子の数が増加し、運動量も活発になり、精子の質も向上するといわれていますので、遺伝異常のリスクを軽減することができます。

 

 

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

 

 

ビタミンE・・・妊娠力に関係する大事なビタミンで、排卵日の安定にも繋がります。

 

優れた抗酸化作用を持つため、卵子や精子の酸化を防止する効果も期待できます。

 

ビタミンEの効果を最大限に摂り込むために、ビタミンCは欠かせないもので、両方一緒に摂るのが効果的です。

 

 

ビタミンC・・・卵子や精子の質を低下させる活性酸素を除去し、白血球の動きや鉄の吸収を促進させ、コラーゲンの生成の補助もします。

 

 

ビタミンB6・・・女性は生理前になると、血液中のビタミンB6の濃度が低下し、頭痛や腰痛、イライラ、吐き気などの月経前症候群を引き起こすことがあります。

 

妊娠中のつわりとも関係するなど、女性ホルモンと深く関わっています。

 

 

ビタミンB12・・・貧血を防いだり、葉酸を体内に取り込みやすくする栄養素です。

 

 

22種類の野菜・・・大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも(アヤムラサキ)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、日本産マカ、トマト、野沢菜、れんこん。

 

 

これだけたくさんの野菜成分が入っているので、日頃不足しがちな野菜が補えます。

 

 

詳しく調査!マカナ(makana)の成分表と原材料について

 

 

◆GMP認定工場で製造

 

 

厚生労働大臣が定めた製造管理、品質管理基準に基づいたGMP認定工場で製造されているので安心です。

 

 

また、定期的に放射能検査を行っていますから安全です。

 

 

◆最後に

 

 

マカナの成分表を見ても、不要な添加物は使用されていません。

 

 

また原材料についても厳選されたものですし、製造工程も信頼のおけるものです。

 

 

これらのことから、マカナは安心して飲める妊活サプリメントだと言えますね。

 

 

金額や定期コースについてなど、もっと知りたい人は下記の記事も合わせて見てくださいね。

 

 

 

マカナ(makana)は楽天やアマゾンで注文できる?